いろいろなシーンでの胡蝶蘭の相場

胡蝶蘭はいろいろなシーンで贈り物として使われることが多いですが、その相場はそれぞれのシーンによって異なります。

「仕事関連で贈る場合」

胡蝶蘭には様々な色がありますが、それらすべてに「幸福が飛んで来る」という花言葉が共通しています。
そのため、仕事関連の場でも定番の花とされています。

一つ目のシーンは、「開業祝い」。
開業だけでなく、開店や開院なども含まれます。
新規で事業を始めるなどという場合、商売繁盛という意味がある黄色の胡蝶蘭がおすすめです。
一般的な取引先であれば1~3万円、親交の深い取引先であれば3~5万円というのが相場となっています。

二つ目のシーンは、「昇進祝い」。
昇進祝いの場合、白の胡蝶蘭がおすすめです。
花びらが大きめなので、他の色と比較して大きく見えます。
それにより、贈られた人を人望が厚いように見せることができます。
一般的な取引先であれば3万円、親交の深い取引先であれば3万5,000円、上司であれば2万5,000円、同僚もしくは部下であれば2万円というのが相場となっています。

三つ目のシーンは、「社長への就任祝い」。
社長への就任祝いには、黄色の胡蝶蘭がおすすめです。
たいていの場合は白の胡蝶蘭が贈られますが、その中で黄色の胡蝶蘭がポツンとあれば、嫌でも目立たせることができるからです。
それにより、贈る側も自社の存在感をアピールするチャンスともなります。
一般的な取引先であれば3万円、親交の深い取引先であれば3万5,000円、さらに親交の深い取引先であれば10万円というのが相場となっています。

四つ目のシーンは、「移転祝い」。
移転祝いにおいては、アレンジした花を贈るのがおすすめです。
似たような花を贈ってもインパクトに欠けますが、少しアレンジすることで存在感を出すことができるからです。
一般的な取引先であれば1万5,000円~2万円、親交の深い取引先であれば2~3万円というのが相場となっています。

五つ目のシーンは、「叙勲・受賞祝い」。
胡蝶蘭には「名誉」「栄光」という意味もあるので、このようなシーンにおいても最適な花といえます。
一般的な取引先であれば3万円、親交の深い取引先であれば3万5,000円というのが相場となっています。

六つ目のシーンは、「新規上場もしくは一部上場祝い」。
株式を上場するというのはめでたいことですが、そこに胡蝶蘭を贈ることで、その会社がさらに発展することを願うという意味になります。
一般的な取引先であれば3万円、親交の深い取引先であれば3万5,000円というのが相場となっています。

「個人で贈る場合」

仕事以外でも、誕生日祝いや長寿祝いなど、個人で贈り物をするというシーンは意外とあります。
胡蝶蘭は見栄えがよく品性も感じさせるため、貰った人も喜ぶことは請け合いといえます。

一つ目のシーンは、「誕生日」。
誕生日というのは年に一度しかありませんが、その時に普段は馴染みのない胡蝶蘭を贈ってあげれば、ちょっと違う誕生日を演出することができます。
中でも、「タイアン」という胡蝶蘭は紅白の色なので誕生日に相応しいですし、普通の家にも置ける大きさです。
また、花粉や匂いもないので、小さい子供やペットがいる家でも安心です。
家族に贈るのであれば1万円、友人や知人の場合も1万円というのが相場となっています。

二つ目のシーンは、「長寿祝い」。
胡蝶蘭は縁起のよい花言葉を多く持っているので、長寿祝いにも贈れます。
そして、長寿祝いでは赤い物を贈るというのが定番となっているので、中心が少し赤くなっている「赤リップ」という胡蝶蘭が最適です。
家族に贈るのであれば3万円、友人や知人に贈るのであれば5万円というのが相場となっています。

三つ目のシーンは、「開業祝い」。
これは、個人的に親交のある相手が開業したなどというシーンのことです。
仕事関連以外だと滅多にあることではありませんが、もし親しい人が開業などをしたというのであれば、胡蝶蘭を贈ってあげるとよいでしょう。
中でも、「ファーストラブ」は置く場所に困らないので最適です。
この場合、家族でも友人知人でも、1万5,000円というのが相場となっています。

四つ目のシーンは、「引っ越し祝い」。
引っ越し祝いの中でも相手に喜ばれやすいのは「鉢植え」ですが、その中でも特に胡蝶蘭は長持ちします。
ただし、胡蝶蘭は赤のラッピングがなされることが多いですが、これは火事をイメージさせる色でもあるので、引っ越し祝いにおいては避けたほうが無難です。
特に、ラッピングなしの和鉢物なら和風の家でも合うのでおすすめです。
この場合、家族も友人知人も1万5,000円というのが相場となっています。

五つ目のシーンは、「昇進祝い」。
鉢植えには「根付く」という意味がありますが、これは「根を張って仕事をする」という意味にも転じるので、やはり胡蝶蘭が最適です。
特に、「赤リップ」は紅白カラーなので、門出を祝うのに相応しいでしょう。
この場合、1万5,000円というのが相場となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*