胡蝶蘭の植え替えを成功させるために

胡蝶蘭は、根や葉を健康に保ちきれいな花を咲かせるために2年に一度くらいのペースで植え替えると長く楽しむことができます。その際には根を傷めないようにマニュアルに従って慎重に植え替えましょう。

胡蝶蘭は寒さに弱い花なので、植え替え時期は、4月ごろが最適です。病気などでやむを得ない場合はそれ以外の時期でも仕方ないですが、通常、6月ごろまでには植え替えるようにしましょう。花が咲いている場合は、咲き終わってから植え替えましょう。

植え替え前の準備として、花芽を取り除きます。じっくり育てたい場合は根元から、早く花を咲かせたい場合は、根元から2~3節目残し、その2~3節目から2センチくらい上を切りましょう。ハサミは、病気が伝染しないようにしっかりと消毒しておきましょう。作業する手も清潔にし、なるべく新しい鉢に植え替えましょう。

すべての花芽を切ったら鉢から株を取り出します。
胡蝶蘭は「根」が鉢にしっかりとくっついていますので、鉢から取り出すときは、無理に剥がして根を傷めないようにしましょう。植え替え前に根にしっかりと水を吸わせて根と鉢が剥がれやすくなるようにしておくと良いでしょう。

鉢から株を取り出したら、根を傷めないように、古いバーグや水苔、傷んだ根や枯れた葉などを取り除き、健康な根だけを残します。

胡蝶蘭の植え替えに必要な用土は2種類あります。水苔と樹皮の皮を原料としたバーグです。

水苔は、湿地に育成する苔の一種です。保水力が高く、適度に隙間があるので通気性・排水性にも優れています。胡蝶蘭の成長に適した特徴を持っており、これまで、日本の胡蝶蘭生産の主流でした。ただ、水を与えすぎて加湿の状態になることが多く、根腐れを起こしやすいという問題点もあります。水を与える前に水苔の表面を手で触るなどして表面の乾き具合を確かめ、水苔が乾いた状態の時にたっぷりと水をあげることを心がけましょう。
温度や湿度にも気を配りながら、最適な水やりの頻度を見つけなければなりません。

水苔を使って植え替える場合は、まず水苔を根の回りに巻き付けます。鉢に入れたとき、押し込まなければ入らないくらい多めに巻き付けるのがポイントです。巻き付けた根を鉢に押し込んだら両手を使って上から水苔をギュッと押さえつけて、鉢の縁から2センチくらい下に水苔が敷き詰められているようにしましょう。

バーグ(バークチップ)は、樹皮を細かく砕いた園芸資材です。通常バークは、植物が植わっている土の表面を覆うために使用されています。ただ、胡蝶蘭の鉢に使用する場合は、植え込み資材として使用します。
胡蝶蘭は、木に着生して生育する着生植物です。ですから、バーグチップで植え込むことで、本来胡蝶蘭が生育している環境に近い状態を造ることができるわけです。
また、胡蝶蘭は乾燥気味に育てないと根腐れしやすいですが、バークチップは排水性や通気性に非常に優れているため、水やりの失敗が少ないというメリットがあります。また、植え替える際にばらしやすく根を傷める心配が少ないというメリットもあります。

バーグチップを使って植え替える場合は、まずバークを一掴み鉢の中に入れます。それから、固形肥料を入れます。その上にまたバークを一掴み入れて、肥料が根に直接接触しないようにしましょう。胡蝶蘭の株を鉢の中心に入れたら、周りにバークを敷き詰めましょう。

植え替え直後の胡蝶蘭は大変弱っています。7~10日間は水やりはひかえます。そうすることで発根を促すことができるからです。根腐れが酷い時に植替えた場合などは落ち着くまでに2週間ほど様子を見る場合もあります。その後は7日に一回程度、コップ一杯程度の水を与えます。
水やりをしない間、霧吹きなどで葉っぱに水を与えてあげるのは大丈夫です。とにかく水のあげすぎは根腐れの原因になるので注意しましょう。

また、植え替え後の生育場所についても注意しましょう。
胡蝶蘭は直射日光が苦手です。直射日光にあたると「葉やけ」をおこしてしまいます。室内の場合、直射日光が当たらない明るいところに置きましょう。窓辺のレースのカーテン越しが良いと思います。室内温度は、30度以上にならないように気を付けましょう。

日を遮ることができれば屋外に置いても大丈夫です。胡蝶蘭は、日が遮られていて風通しが良い場所なら35度までは耐えることができます。ただ、寒さには弱いので、冬などの寒い時には室内に入れるとよいです。

また、外に置くと虫がつきやすくなります。通気の確保や害虫を避けるために、高さのある台の上に乗せると良いでしょう。

植え替えたあとの肥料は、1ヶ月ほど様子を見てからで構いません。ほとんどの場合、洋ラン用の液体肥料を与えます。
本来胡蝶蘭は肥料を必要としない花なので、肥料を使う時は薄めて使うようにしましょう。
植え替え後は、とにかく胡蝶蘭に最適な環境を作ってあげましょう。植え替えによって弱ってはいますが、胡蝶蘭の自身の持つ力を信じて、あまり刺激を与えず、お世話も最低限にするように心がけましょう。

胡蝶蘭を上手に育てるコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*